審査落ちの原因とは

審査落ちの原因とは

カードローンの審査に落ちてしまう理由の多くは他社からの借り入れが既にあるということです。審査では信用情報が調べられるので、他社借入の状況はは完全に把握されています。他社からの借り入れがあると必ず審査落ちになるわけではありませんが、審査で不利になるのは確実です。

 

他社借入の状況のなかでも特に印象が悪いのが延滞です。延滞をしている最中に新たにカードローンに申し込みを行うのはかなり不利になります。特に延滞期間が一週間を超えて、借入先から頻繁に連絡が入っているような状況では、新たに申し込んだ先でも融資は見送りになる可能性が高いです。他社借入があるのは仕方ないとして、せめて延滞を解消してから申し込むようにしたほうが良いです。

 

たとえ延滞をしていなくても、他社借入が収入に対して大きすぎるときは審査落ちの原因になります。消費者金融カードローンの場合は、ここに総量規制の制限も加わってきます。年収の3分の1に近い金額まで他社からの借り入れがあるとき、新規での契約は難しいでしょう。

 

銀行カードローンであれば、年収の3分の1を超えてもまだ融資を受けられる余地はあります。消費者金融カードローンの枠が一杯のときは銀行カードローンも検討してみましょう。

 

とは言っても銀行ならどこでも年収の3分の1以上は借りられるわけではなく、あくまで返済の見込みがある方に限られます。消費者金融よりも厳しい審査となる銀行においては、いくら総量規制外でもそう簡単に借りられるものではないのです。

 

ただし、おまとめローンの利用であれば違った見方も出来ますので、借り入れをまとめるおまとめローンの借り方は知っておくと良いでしょう。